ヤフー が State of the Map 2012 Tokyo の プラチナスポンサー になりました!

2012/08/02 13:53 に Taichi Furuhashi が投稿   [ 2012/08/02 14:20 に更新しました ]
201296-8日に東京大学駒場キャンパスで開催されるOSMの国際カンファレンス「State of the Map 2012 Tokyo」のスポンサーとして、ヤフー株式会社様に協賛いただくことになりました。


ヤフー株式会社は、201136日に一般社団法人オープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパンに対し保有する地図資産を提供を表明し、これを受けたOSMの日本コミュニティは変換作業とOSMへのデータ更新作業を1年以上かけて実施してきました。これら作業の成果としてより詳細になったOSMデータは、ヤフー株式会社が展開する日本最大級のジオサービス「Yahoo!ロコ http://loco.yahoo.co.jp 」の地図において新規レイヤとして配信され、他地図との切り替え表示ができるようにもなっています。日本でのOSMを利用したサービス開発において重要なプレイヤーとなっているヤフー株式会社が、OSMの国際カンファレンス「State of the Map 2012 Tokyo」にスポンサードをいただくことになり、SotM実行委員会ならびに OpenStreetMap Foundation Japan としても大変嬉しく思っております。


State of the Map について>

The State of the MapSOTM)は、OpenStreetMapコミュニティの国際イベン トです。今年の SOTM2012 は9月6日-8日に東京で開催されます。発表を聞いたり、ワー クショップに参加したり、世界中から集まるOSMマッパー達と交流することができます。もし、マッピング、コーディング、OSMの普及活動など、どのような形でも OpenStreetMap に関わっている、もしくは世界的なOSMの動向について知りたいと思っている人は SOTM2012 に参加しましょう!!

State of the Map 2012 Tokyo では、引き続きスポンサーを募集しております。ご興味ある方は info@osmf.jp までお気軽にお問い合わせください。(スポンサー担当:関)


<組織概要>

一般社団法人オープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン(OSMFJ)は、日本のOSMコミュニティ活動を支援する団体です。私たちはOpenStreetMapの活動趣旨に賛同し、日本における自由な地図情報および日本語による世界の自由な地図情報の発展とそれに伴う技術発展を促進します。OSMFJの活動はOSMプロジェクトを制御しません。またOSMプロジェクトを所有しているわけでもありません。私たちの活動は自由な地理空間データの発展、開発、配分を奨励することと、そして、誰でも使用、共有できる地理空間データを提供することを目的としています。またオープンストリートマップ財団(OSMF:イギリス)と連携し、OSMFの日本国内窓口として、コミュニティーの発展と自由な地図情報の推進を図っていきます。


Comments